脱毛 取捨選択
脱毛で使用される痛み止めクリーム

脱毛で使用される痛み止めクリーム「リドカイン(キシロカイン)」の副作用とは?

副作用とはリドカインは局所麻酔効果のある成分で、脱毛時においては痛み止めクリームとして塗布されることが多いです。しかし、塗布した部分に痒みや腫れが生じ、時には眠気や血圧低下などの全身症状も見られます。

リドカイン(別名:キシロカイン)は比較的副作用が少なく安全性が高いとされているため、医療現場や脱毛などで幅広く活用されています。医療薬はその効果の高さゆえに、どうしても副作用が付き物です。用法容量を守って、適切に使用していく必要があります。


脱毛でリドカインが使われるようになったのは、どうしても脱毛は時に痛みを伴う場合があるからです。レーザー脱毛や光脱毛など種類はいくつもありますが、どれもなるべく痛みを軽減できるように機器の改良が進められています。

それでも「レーザー=痛い」というイメージは周知されており、不安の大きい人のために用意されたのが痛み止め・麻酔です。注射タイプなどいくつかの種類があり、その中でも比較的簡易で人気なのがクリームタイプです。

リドカインはスプレー・ジェル・クリームなど様々な形に応用でき、比較的副作用の少ない人気の麻酔薬となっています。効果発生までは30分~1時間程度かかり、効果の持続は約30分間です。ヒゲやVIOなど脱毛箇所にだけ塗布し、なるべく少量に抑えて副作用を減らします。


リドカインは医薬品ですから、医師が在籍する脱毛クリニックでしか利用できません。そもそも一般的な脱毛エステでは強いレーザー脱毛機器は使用されていませんので、麻酔が必要になる可能性が少ないでしょう。

リドカインを塗布した際、利用者が感じる具体的な経過としてはまず感覚が鈍化してきます。その後、じわじわと痺れたように感覚が無くなっていきます。

痛みを感じるような痺れではなく、極めてソフトなものです。ただし、皮膚や全身に変化(副作用)を感じた際は、すぐに担当者(医師)に伝えましょう。これはどの医療薬を使用した場合でも同じで、非常に大切なことです。